オールドタンノイを真空管アンプで楽しむ

スポンサーリンク

クライスラー SK-2169D

ダイヤトーン DS-32Bのコーンツイーターのバージョンアップに、一番最初に入手したのが、クライスラーSK-2169Dでした。

 

ちょっとナショナル(現テクニクス)の5HH17にも似た雰囲気のホーンツイーターです。

 

 

 

 

これが、小さいながらもホーンの音を出してくるんですよね。
DS-32Bへは、ダンボールバッフルの仮付で組み込んでみました。

 

 

 

ホーンの魅力なら、これでもかなり楽しむことができます。ただ、DS-32Bのポテンシャルはもう少し高かったのです。引き続き、フォステクスのFT40Hを入手することになりました。

 

SK-2169Dは、16cm〜20cmのフルレンジ一発に追加したり、小型の2ウェイスピーカーのツイーターを交換したりして楽しむのがいい感じです。

 

クライスラーは外国メーカーだとばかり思っていましたが、純粋な国産メーカーなのですね。クライスラー電気とかリビングオーディオとかいうブランド名があって、経過が分かりづらいですが、昭和50年頃までCRYSLERブランドのスピーカーが出ています。

 

 

スポンサーリンク