オールドタンノイを真空管アンプで楽しむ

スポンサーリンク

サンスイ AU-α607

サンスイ AU-α607

 

サンスイ AU-α607

 

番外編です。
2010年にさかのぼりますが、当時300Bシングルアンプがメインでした。ちょっとCDをBGMでかけたいときに、わざわざ300Bに火を入れるのももったいないような気がして、そのためだけなら真空管でなくトランジスタアンプで良いだろうと中古で購入したのがAU-α607でした。

 

1986年の製品で、本来の定価79,800円でした。
それを6,000円で入手しました。
ピアノブラック調のボディーは傷一つなく、つまみのガリ音もなくて、程度は上の上という感じでした。

 

この機種を購入した理由は、もともとサンスイのアンプに興味があったことと、できれば新しい機種が欲しかったためだったと記憶しています。

 

音は輪郭のはっきりした音という印象です。マイルスデイビスのLPは、バックでベースの音程が正確に響いています。薄っぺらな感じは全然なく、真空管と比べて違和感はほとんどありません。さすがはサンスイです。

 

AU-α607の特徴は、出力のプラス側とマイナス側に別々のアンプを装備していることで、マイナスはアースではありませんでした。このころのメーカーは、他社よりも少しでも変わったアンプをつくり、特性の数値を追い求めることが目標であったようで、良い製品を長く作り続けようという戦略はなかったように思います。

 

サンスイ AU-α607

 

 

真空管アンプと遜色ないいい音と思いましたが、長時間聴いていても飽きないのは300Bの方でした。石のアンプは音が単調で次第に飽きてきました。

 

本来、BGM用に買ったのだからそれでよかったのですが、大きくて場所を取ることからこれも手放すことになりました。

 

スポンサーリンク